英語学習

英語学習の日記(接続詞)-いろんな接続詞の使い方【#13】

こんにちは! これは英語学習初心者による復習日記です。

今回はDuolingoの「接続詞」で新しい文法を学習していきます。 

 

同じような悩みを持つ方は一緒に英語を楽しみましょう!

  • 英語が苦手
  • 勉強する時間がない
  • 何から始めたらいいの?

私も英語が苦手ですが、こちらのサービスを使って日々少しずつ勉強しています! 移動時間などのスキマ時間にちょこっとするだけで、楽しく学べますよー

Duolingoで英語学習 - リスニングや会話をゲームのように楽しく学べる言語学習アプリ
Duolingoで英語学習 – リスニングや会話をゲームのように楽しく学べる言語学習アプリ
開発元:Duolingo
無料
posted withアプリーチ

※アプリ版も手軽ですが、何回間違えてもOKなWebブラウザ版がオススメです。

■ブラウザ版の利用やその他の英語学習サービスはこちら。

 
スポンサーリンク

問題文

今回は、新しい文法「接続詞」の使い方を学習していきましょう!

(各コースLv1〜5まであります。以下の内容はLv5の内容です。)

  1. She eats while i drink.
    彼女は私が飲む間に食べます。
  2. The boys play whenever it rains.
    その男の子たちは雨の時はいつでも遊びます。
  3. Tea is fine but I like coffee.
    お茶でもいいですが、私はコーヒーが好きです。
  4. Tea or coffee?
    お茶、それともコーヒーですか?
  5. I eat apples because I like fruit.
    私は果物が好きなので、リンゴを食べます。
  6. If you want.
    あなたが望むなら。
  7. He reads books when it rains.
    彼は雨が降ると本を読みます。
  8. Yes or no?
    はい、それともいいえ?
  9. I drink when I want.
    私は飲みたい時に飲みます。
  10. Whenever he speaks, she listens.
    彼が話す時にはいつでも、彼女は聞きます。
  11. She is a teacher, but I am not.
    彼女は先生ですが、私は違います。
  12. I drink tea, because I like it.
    私はお茶が好きだから飲みます。
  13. When I cook, he eats.
    私が料理する時、彼は食べます。
  14. If she goes, he goes.
    彼女が行くのなら、彼は行きます。
  15. You know that I love dogs.
    あなたは私が犬が大好きだと知っています。
  16. He likes animals, but he eats meat.
    彼は動物が好きですが、肉を食べます。
  17. I go because you go.
    私はあなたが行くから行きます。
  18. water or milk
    水か牛乳

単語

今回出てきた単語は次の通りです。

代名詞
  • I : 私、僕
  • we:私たち
  • you:あなた、あなたち
  • he : 彼
  • she:彼女
  • they:彼ら、彼女ら、それら
動詞
  • eat(eats):食べる
  • play(plays):遊ぶ
  • like(likes):好き
  • read(reads):読む
  • drink(drinks):飲む
  • speak(speaks):話す
  • listen(listens):聞く
  • cook(cooks):料理する
  • know(knows):知る
  • love(loves):愛する、大好き
  • go(goes):行く
  • rain(rains):雨が降る、雨
名詞
  • tea:お茶、紅茶
  • coffee:コーヒー
  • water:水
  • milk:牛乳、ミルク
  • apple::りんご
  • fruit:果物
  • book:本
  • teacher:先生、教師
  • dog:犬
  • meat:肉

 

スポンサーリンク

接続詞の使い方

接続詞は、今のところ凄く苦手です!

その名の通り前後の文章を”接続”する働きがあります。

状況に合わせて適切な接続詞を選択する必要があるので、どんどん使って慣れていきましょう!

日本語でもよく使う表現に近づいてくるので、使いこなせると一気に幅が広がるように思います!

今回出てきた接続詞はこちら。

※(A)と(B)は、単語ではありません。それぞれ文章が当てはまります。

接続詞
(A)while(B)
(B)の間に(A)
(A)whenever(B)
(B)の時はいつでも(A)
(A)but(B)
(A)だけど(B)
(A)or(B)
(A)か(B)
(A)because(B)
(B)だから(A)
If(A)
もし(A)なら
(A)when(B)
(B)の時、(A)
(A)that(B)※
(A)は(B)

※[that]について追記です。

他の接続しでも言える事ですが「(A)を(B)で詳しく説明している」感じです。

最初に出てきた英文を例に出すと…

You know that I love dogs.
 
この文章は、以下の2つを[that] で繋いでいます。
  • You know :あなたは知っています。
  • I love dogs:私は犬が大好きです。

 

この時、

「あなたが知っている(A)」内容を

[that]以降で「私は犬が大好き(B)」と説明しています。

 

日本語に訳すと、こんな感じになりますね。

あなたは、私が犬が大好きだという事を知っています。

接続詞の使い分け

今のところ私はこんな風に理解しています。

<内容を説明したい時>・that

<理由を説明したい時>・because

<対立する表現をしたい時>・but

<その時の状態や時間的な説明をしたい時>・when・whenever・while

 

スポンサーリンク

 まとめ

だんだんと難しくなってきてます!(^^;

私も難しいのでちゃんとまとめる事が出来ているか不安な部分もありますが…

間違っている所や疑問な所があればコメントいただけると嬉しいです!

 

最後までありがとうございました!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました