ブログ/Wordpress設定方法

【初めてのMac初期化】購入時のmacOSに戻してみたー躓いたり困った所を整理

アイキャッチ画像:フォトNordWoodテーマUnsplash

こんにちは。

 

今回は、初めてMacBookの初期(工場出荷状態)化を実施したので注意点をまとめておきます。

 

この記事は、自分用ですがこんな方にもオススメです。

  • MacOSアップグレードでアプリが使えなくなってしまった。
  • 不要なデータで処理速度が遅くなってしまった。
  • とにかくMacを初期化して購入時の状態に戻したい。

 

この時の私の目標は、先述した通り

『MacBookを購入時のOS「Mojaveモハベ」に戻す事』です。

 

スポンサーリンク

今回の初期化理由

フォトマルクスSpiskeUnsplash

MacOSアップグレードで、あるソフトが起動できなくなってしまったからです。

 

そのソフトとは、以下の2点。

  • M-Audio Fast Track C400コントロールパネル
  • Pro Tools First

オーディオインターフェース「Fast Track C400」のアプリと

同じくM-Audioが提供しているDTMソフト「ProToolsFirst」(無料版)です。

 

これ使ってギターの音を録音したりしているので、使えないとちょっと不都合。

 

調べた結果、このふたつは現時点で「Catalinaカタリナ」に対応していない・・・そう。

よく調べてから更新すればよかった…。

(「ProTools」については有料版は「Catarinaカタリナ対応済みの様です)

 

正直、大昔の機材なので仕方ないなと諦めかけたんですが、

この前まで使えたものが旧に使えなくなるのは納得できず初期化を試す事にしました。

※パソコンの初期化には、ネット環境が必要です。

また、実際に実施する場合は自己責任でお願い致します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に行った手順

生憎、自分にはバックアップ関係の知識がゼロだと言う事をMac購入時に理解していました。

こんな時の為に、必要なモノはパソコン本体には保存せずクラウドで管理する事を心掛けていたので、下準備は最低限で完了しました。

 

参考にしたのはこちらの>>公式ページ や他にもいくつかのサイトを拝見しました。

 

iCloud からサインアウトする

今回は、売却や譲渡が目的ではないですが、

売却するつもりで実施した方が完全に初期化できるって事だし

精神衛生上その方がいいかな?

と、判断しました。

この時、搭載OSは「Catalinaカタリナ」だったので指示に従って、

Appleメニュー>システム環境設定>Apple ID>概要>サインアウト

 

次に

「iCloud データのコピーを Mac に残しておくかどうか」を確認するメッセージが表示されたら、「コピーを残す」をクリック。

初期化するなら、残さなくてもいいんじゃ?

と思いながらクリックしました。

 

iMessageからサインアウト

これは、パソコンから電話が取れるやつですね。(多分)

Mac購入してからパソコンで電話が取れるってどゆこと?!ってなったのを思い出します…不思議。

これもサインアウトしておきます。

 

メッセージAppを立ち上げて、

メニューバーのメッセージ>環境設定>iMessage>サインアウト

BlueToothデバイスの接続を解除

Appleメニュー>システム環境設定>BlueTooth からデバイスの接続を解除。

私の場合は、この時スピーカーのみだったのでそれだけ解除しました。

マウス等使っている方は解除しておくと良いでしょう。

 

Numsの無効化設定

これは初期化前にやっておけばよかったと後で困った事なので、ここで記しておきます。

Mac購入と同時にNumsを愛用しているのですが、初期化後使えなくなってしまいました。

 

手順は、

右上のメニューからNumsのアイコンをクリックし、「アクティブーションの無効化」をクリックするだけ(…だと思います。)

実施した経験がないですが、公式ページのQ&Aに「別のPCに載せ替える場合は無効化する様に。」と記載があったのでこうする事で初期化後に再導入が可能になると思います。不確定で申し訳ない。

(どの様に再インストールしたかはまた後日。)

 

 

簡単にNumsの紹介をしておくと、

トラックパッドにカバーフィルムを貼ってアプリを入れるだけでテンキー化する事ができるガジェットです。

正直めちゃくちゃ便利。そしておしゃれ。気になる方は是非!

 

ハードディスクの初期化

ここまでは下準備みたいなものです。

この先で実際にデータを消して初期化していきます。

 

【ここで注意点です。】

Windowsでも初期化する時は、特定のキーを押したまま起動すると初期化用のプログラムが立ち上がったりしますよね。

Macにも似た機能がある様ですが…

初期化後インストールしたいOSのバージョンによって起動時に入力するキーの組み合わせが異なります!

 

最初これを知らずに実施し、OSインストール時に「Catalinaカタリナ」しかない事に困ってしまいましたが、なんとか解決する事ができました。

初期化後インストールしたいmacOSに合わせて以下のキーを入力しながら電源を入れます。

最後にインストールしたmacOSをインストールする場合

command (⌘) + R

Macと互換性のある最新macOSをインストールする場合

option + ⌘ + R

購入時に最も近い利用可能なmacOSをインストールする場合

shift + option + ⌘ + R

起動が完了すると、以下のページを参考にハードディスクを消去します。

 

最初「最新 macOSインストール」のキーで起動してしまった為、OSインストールの手前で再起動してやり直しましたがユーティリティがうまく起動しませんでした。
※そのままインストールしてもう一度手順を繰り返しました。

 

また、OSのインストール時に、ハードディスクの選択を迫られる場面があります。

通常は、「Macintosh HD」のみ表示される様ですが、今回は2つ表示されました。

 

これは公式HPをよく読むと、明記してあったのでとても助かりました!

「Macintosh HD」 もしくは、「 Macintosh HD – Data」 の選択肢が提示された場合は、「Macintosh HD」 を選択してください。

 

以上で 手順は終わりです。

 

あとは、初めて起動した時の設定アシスタントを順に進めれば通常通り使用可能になります。

もしもこの後、売却または譲渡する場合は、

設定手順を最後まで進めずに、「command + Q」キーを押して設定アシスタントを終了してから、「システム終了」をクリックしてください。こうしておけば、新しい所有者が Mac を起動したときに、本人の情報で設定できます。

公式ページより

 

最後に超個人的メモ。

<初期化後インストールするモノ>

  1. Microsoft for Buisiness(Microsoftのアカウントからインストール可能)
  2. Google Chrome
  3. ウィルス対策ソフト
  4. Nums
  5. C400コンパネ・ProToolsFirst

自分へ:可能なら全てを導入し終えた時点でバックアップを取って置く事をオススメしたい。

スポンサーリンク

まとめ

お疲れ様でした。

 

初期化やら設定やらというものは、時間がかかって仕方ないですよね。

その上、調べてもどれが真実なのか判断するのも難しく、参照した記事に書いてあったからといって失敗しても誰も助けてくれないし…。

この記事にしても次回自分が困らない様に明記してはみたけど、今後また違う手順に仕様変更している可能性だってあります。

 

困った時にはその都度調べて自己解決するチカラが必要になりますね…。

 

最後までありがとうございました。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました