素材

【無料】あなたの書いたアナログアートをデジタル化する方法【簡単】

こんにちは。

 

私がInstagram等にアップしている筆文字作品は、

基本的にアナログで紙に書いた作品を取り込んでデータ化しています。

 

その後、

  • 背景を透過して写真を入れたり
  • 文字に色をつけたり
  • 或いは逆に文字を透明にしたり

しています。

 

今回は、そのデータ化の方法をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

アナログ作品をデジタル化する方法

今回お話しする内容は、私がデジタルで筆文字作品を作る上で試行錯誤してきた内容ですので、あなたの環境下で必ずしも思うようにデータ化する事ができるか分かりません。

もしコメント等をいただければできる限りお力になれるように頑張りますので、状況をお教えいただければと思います。

(その場合は、各SNSからダイレクトメールをいただく方が素早く対応できると思います。)

 

逆に、もっと良い方法もあると思いますのでご存知の方があれば教えてください!

よろしくお願いします!

※今回は書道作品・筆文字作品に特化した方法のご紹介となります。

準備する事

  1. データ化したい作品(手書き作品)
  2. iPhone(デバイス)※Androidでも恐らく可能。持ってないので試せてません(泣
  3. ibisPaint(無料アプリ)>>>「ibisPaint X」 のダウンロードはこちら
  4. CamScanner(無料アプリ)>>>「CamScanner」のダウンロードはこちら
  5. 自然な明るさで撮影できる環境(個人的には暗すぎても明るすぎても良くないと思います)

 

ちなみに私は iPhoneXSmax を使用しています。

iPadやAndroidは持ってはいませんが同じ方法で可能だと思います。

 

そして今回は、こちらの「願」をデータ化してみます!

 

※無料アプリ2つについては、以下からダウンロード可能です。

その名の通りペイントアプリ。

直接イラストも描ける。一部有料ですがエフェクトが豊富。

有料版もありますが、無料版で十分に使えます!

>>>「ibisPaint X」 のダウンロードはこちら

元々ビジネスマン向け?のカメラアプリ。

メモや様式をPDF化でき、翻訳なんかも出来るそう。

こちらも有料版ありますが、無料で十分!

>>>「CamScanner」のダウンロードはこちら

 

スポンサーリンク

手順1 ー CamScanner

1.「CamScanner」を使って作品を撮影する。

この時作品が複雑な形をしている場合は、コピー用紙など四角形の台紙の上に置いて撮影してください。
今回の私の例だと作品の下にある下敷きが「四角形の台紙」になります。
書道作品は墨が乾くと半紙が波うつため撮影後の変形を防ぐ為に下敷きごと撮影します。
出来るだけ真上から撮影した方が、歪みが少なく綺麗に仕上がると思います。
このアプリの凄いところはある程度であれば斜めから撮影しても、真上から撮ったように補正してくれるところです!
あまり神経質にならず、撮影しましょう。
こんな感じ。
2.表示された緑色の枠を下敷き(四角形の台紙)に合わせる。
緑枠の角(白いポインタ)をドラッグするとその付近が拡大表示されるので、比較的簡単に合わせる事ができます。
調整できたら、右下の「→」ボタンで次に進む。
3.エフェクトを選ぶ。
ここで選ぶエフェクトは「飾る」意味合いではなく、「仕上げ」です。
選択できるものも6種類程度でなので、ご自身で色々試してみるのが良いと思います!
各エフェクトを選んだ後もう一度エフェクトボタンを選ぶと「明るさ」等の微調整が可能。
調整できるのは、「コントラスト」・「明るさ」・「詳細」の3項目。
私はいつも、エフェクト「白黒」を選択し、調整項目は全て最大にしています。
好みに調整ができたら、右下の「チェック」ボタンで進む。
4.右下の「…(もっと)」から「アルバムへ」を選択。
これで作品がカメラロールに保存されました。
(無料版)画像化した時左下にキャプションが記載される為空間に余白を作りましょう。

手順2 ー ibisPaint X

1.起動後「マイギャラリー」→左下「+」ボタン→「写真読み込み」
進めると、端末に保存してある画像が表示されるので、先ほど保存した画像を選択します。
2.キャンバスサイズはお好みで選択。
3.「線画抽出」のポップアップが表示されるので「OK」を選択。
調整項目が3つ表示されます。お好みで調整しましょう。
私は「白側」を60%に調整します。
好みに調整できたら緑色の「チェック」ボタンを押下。
4.「消しゴム」ツールを使って不要な所(下敷き部分等)を消す。
周りの黒い部分と散っている墨を消しました。
一応動画も用意してみましたー!

5.不要な部分が取れたら右下の「←」ボタン→「透過PNG保存」
これでカメラロールに背景が透過された文字データが保存されます!
以降はこのデータを使って自由に作品が作れると思います^^
スポンサーリンク

まとめ

どうでしたか?上手くできたでしょうか?

自己流の中で一番シンプルなものをご紹介させていただきました。

 

拙い説明で読み辛い部分もあると思いますが、ご容赦ください。

作文も上手くなれるように練習中です。

 

各SNSでも良いので、

「ここが分かりにくい!」とか「ここどうするの?!」なんてコメント頂ければ励みになります^^

 

>>「筆屋 黒景庵@くろ」のTwitterはこちら

 

>>『筆屋 黒景庵@くろ」のInstagramはこちら

 

 

もし要望が多ければ、詳細な解説もできるように頑張りますので、よろしくお願いします!

 

最後までありがとうございました。

それではまた。

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました